錬肉工房公演 現代能「春と修羅」

会場 日暮里d-倉庫
日時
2018年2月28日[水]19:00
3月1日[木] 19:00 
3月2日[金] 14:00  
3月3日[土] 19:00 
3月4日[日] 14:00 
(開場30分前)
料金 前売4,000円 当日4,500円 学生2,500円

 

チケット前売開始日 2018年1月10日[水]

 

 

チケット取扱い

 

■錬肉工房オンラインチケットサービス■

・ご予約後、セブン-イレブン店頭にてチケットをお受け取りください。
 ※クレジットカード決済を選択された場合、チケット受け取りはお申込みより4日後からとなります。
・お支払いは、Webからお申込の際にクレジットカード決済、またはチケット受け取り時にセブン-イレブン店頭でのお支払いの、どちらかをお選びいただけます。

ご注意 ご予約前に観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。

お電話でのチケットのご予約はこちら
0120-240-540 (平日10:00~18:00)

 

■錬肉工房でのチケット取扱い■


お申し込み後、次の方法でチケットをお受け取りいただけます。
①郵送でチケットをお受け取りになり、郵便振替で代金をお支払いください。
②ご来場日当日受付で入場券をお受け取りになり代金をご清算ください。

 

テキスト  宮沢賢治
構成・演出  岡本 章

出演
鵜澤久
古屋和子
横田桂子
友貞京子
牧三千子
村本浩子
吉村ちひろ

 

 

 

絶賛された話題作の、待望の決定版上演!

 

 生と死が、そして人間と動物たち、木や石や虹や月あかりたちが直接に交わり、戯れる豊饒な宮沢賢治の言語世界。それを舞台化するために、物語の再現ではなく、詩集『春と修羅』を中心に、童話、戯曲、書簡などの断片を夢幻能的な構造で再構成し、斬新な現代能として作品化する。

 東日本大震災の直後に上演され、高い評価を得た話題作を、現在の視点からさらに深めた岡本章の新演出のもと、能、現代演劇の第一線で活躍する女性表現者たちの参加を得、女性の自在で生命感あふれる〈声〉や〈身体性〉により、鎮魂の思いを籠め、魅惑的な賢治宇宙をくっきりと浮き彫りにする。

 

 

舞台美術  島 次郎  沼田かおり
照明  山口 暁
音楽  須藤 力
衣装   中村裕身子
舞台監督  國井 聡
宣伝美術  宗利淳一
写真   宮内 勝
ビデオ撮影   たきしまひろよし
照明操作  ライティングカンパニーあかり組
大道具  C-COM
協力  林風舎
制作  錬肉工房

 


<?php bloginfo('name'); ?>